カーポート2台用でおすすめは?選び方は?:サポートブログ

カーポート2台用でおすすめは?選び方は?2018/01/09(火)

 
 
 
車を2台以上停められる方は、2台用のカーポートがおすすめです!icon_045icon_027 
ま、当たり前なんですけどね・・・笑icon_002icon_020 
 
 
2台用のカーポートでも大きく分けて2種類ありますicon_027 
 
屋根がドーム型(かまぼこ型)真っ直ぐなフラット型です。 
    
 
 
 
 
 
強度などの機能はどちらも一緒icon_049なので、 
後は見た目と立地条件で選んで頂けますといいかと思いますicon_002 
 
 
■定番のドーム型は定番中の定番!住宅街に行くとひとつはついてますねicon_035icon_027 
 
YKKレイナポートグラン 横2台用 ワイド 
225,000円〜(工事込・税抜)
 
 
このドーム型(R型)の特徴は、両脇が下がっているので横からの雨の吹き込みが抑えやすい事ですicon_024 
ただし!デメリットとして、中央がかなり高くなりますので、正面からの吹き込みが多くなります・・・。icon_025 
なんだかどっちもどっちですねicon_082 
 
種類も沢山あり、どれがいいのか迷ってしまうと思いますが、これは定番スタンダードタイプなので、 
どこのメーカーも定番商品として出しております。その為やたらとラインナップが多いんですicon_019 
 
じゃぁ、どれがいいの?という話ですが、 
・・・はっきり言ってどこのメーカーも変わりませんicon_049icon_051 
 
強度や仕様など、どのメーカーも合わせて作っておりますので、 
これといって大きな違いが無いんです。icon_006 
あとは屋根材の種類ですとか色ですとかが少々違いますので、 
好みやお家に合うものがあればそこで決めて頂いて間違いないかと思いますicon_049 
 
個人的なおすすめメーカーはYKK、LIXIL、オリジナルなのですが、(価格が安いので) 
屋根材の違いで言いますと、 
 
YKK→熱線遮断クリアマットがある 
    今まで熱線遮断ですと濃い青で暗くなってしまうのがデメリットだったのですが、 
    YKKは熱線遮断なのにクリアマット(透明すりガラスタイプ)を作っております。 
    青いタイプより熱をカットする機能は劣りますが、通常のクリアマットタイプよりは熱をカットし、 
    車庫を明るく保ってくれます!これがYKKの特徴ですね。 
 
LIXIL→リクシルは屋根材に「熱線吸収アクア」という種類がある。 
     これは雨で汚れが落ちやすくなるという加工を施してあり、なかなかお掃除出来ない屋根の上を 
     他のカーポートよりも長く綺麗に保ってくれます。 
     外で使いで雨ざらしなので、最終的には汚れてくるのですが、 
     汚れるまでのスパンを長く出来ます。 
     こちらは濃い青の色しか無いので、車庫が暗くなるのが難点です。 
 
オリジナル→お色味はYKKのものとほとんど変わりございません。 
 
 
 
オリジナル プライスポート 横2台用ワイド 
207,000円〜(工事込・税抜
 
 
 
LIXIL ネスカR 横2台用 ワイド 
241,000円〜(工事込・税抜)
 
 
 
横に垂れ下がっているタイプもありますicon_045 
 
YKK レイナキャップポートグラン 横2台用ワイド 
305,000円〜(工事込・税抜)
 
こちらは雨の吹き込み防止機能がUP!横からの吹き込みが気になる方におすすめです! 
 
 
 
 
おつぎは・・・ 
 
 
 
■見た目がおしゃれなフラット型屋根 最近選ばれる方も増えてきましたicon_113 
 
YKKエフルージュグラン 横2台用ワイド フラット屋根 
318,000円〜(工事込・税抜)
 
 
屋根がフラットなタイプは、ドーム型とくらべて最近登場しました。 
だからまだまだ普及率が低いんですicon_026 
 
特徴としては、スッキリとしたデザインなので、 
最近のシンプルモダンなお家に合わせやすいと言うことですicon_022 
個人的に私はおしゃれなフラットタイプが好きなので、どうしても贔屓にしちゃいます・・・icon_084icon_020 
 
 
フラットタイプを付ける理由と致しましては、屋根が横に真っ直ぐなので、 
窓や扉、垣根などなど障害物を避けやすい点ですicon_024 
ドーム型は両端が下りてきているので、調整が難しかったりします。 
 
また、リビングの前が車庫という方には、フラットタイプで窓より高い位置で設置して頂けましたら 
視界が圧迫されず、リビングからの眺めも広々ですicon_061 
 
バルコニーの下に屋根を被せて、最大限屋根を高くしたいという方にもお勧めですicon_024 
また、雪なども横に落ちないので、お隣様と近い方はトラブルになりづらいという点もございます! 
 
デメリットと致しましては、全部の屋根の高さが同じなので、 
吹込みが全方向から同じように入ってくるというのと、 
お値段が少々高めという点です。デザイン料・技術料が入ってますね・・・。icon_082 
 
ですが、こちらもどのメーカーも強度等合わせて作っておりますので、 
見た目と色で選んでいただけたらいいかと思いますicon_059 
 
 
 
LIXIL ネスカF 横2台用 フラット屋根 
306,000円〜(工事込・税抜)
 
 
 
三協アルミ マイリッシュOK(奥行き勾配)横2台用 フラット屋根 
343,000円〜(工事込・税抜)
 
 
 
 
いかがでしたでしょうか? 
 
お悩みの方は、担当者が現地へお伺いさせて頂き、 
ご要望に合わせてご提案させて頂くことも可能ですので 
まずはお気軽にお問い合わせ下さいませicon_058 
 
 
 
 
  
  
 
※店舗によっては販売価格の異なる商品・取り扱いの無い商品もございます。 
 詳細は各店舗にご確認ください。 
 
 
 
ご参考になれば幸いです。 
お付き合いいただきまして、ありがとうございましたicon_022 
 
 
 
 
 
 
eX J[|[g